BRAND & HISTORY

1945年にオートクチュール・メゾンとしてピエール・バルマンにより創立。

創設者のピエール・バルマンは1914年フランスのサヴォワに生まれる。紳士服の卸業に携わる父親とブティック経営に携わる母親の影響を受け、幼少時代より洋服に強い関心を持ち育ったピエールは、パリ国立美術学校で建築を学んだ後、幼い頃からの夢であったモード界へ転向する。数々のメゾンを経て、1945年に自身の名を冠した「ピエール・バルマン」を設立。1950年代には、パリ・オートクチュール黄金時代の中心人物として活躍する。

1982年のピエールの死去後はエリック・モルテンセンやオスカー・デ・ラ・レンタ等がデザイナーに就任。 生前のピエールが表現していたクラシカルなエレガンスを継承した。

その後2004年より一時的にショーを休止した後、2006-07AWシーズンより2011-12AWシーズンまではパコ・ラバンヌで経験を積んだクリストフ・デカルナンを迎え、プレタポルテを再開。クリストフによって生み出されるコレクションは、よりモダンでトレンド感に溢れながらも、オートクチュール的なディテールを用いることにより、バルマンという名にふさわしいエレガンスを表現し続けた。

その後、新デザイナーに世界の注目が集まる中、2011年4月、Olivier Rousteingのレディス&メンズRTWデザイナー就任が発表された。OlivierはParis’s École Supérieure Des Arts Et Techniques De La Mode (ESMOD)でファッションを学んだ後にRoberto Cavalliにて経験を積み、その後2009年よりBalmainのデザインチームに参加している。